フリーランスエンジニアの情勢と心構え

慢性的な人手不足なのがIT業界ですが、その中でも特にエンジニアが絶対的に不足していると言われています。
メーカーや大手企業、独立系企業に所属するエンジニアだけでは、今後ますます加速度的に発展するIT関連の技術に対応できない、とも言われています。

そこで注目を浴びているのが、フリーランスエンジニアです。
大きなプロジェクトが終わってしまうと時間を持て余すこともあるメーカー所属のエンジニアとは違い、必要とされるプロジェクトを渡り歩くイメージのフリーランスエンジニアは、雇用する側にとっても即戦力として需要が高くなっています。
フリーランスのエンジニアとなって、最初のうちは前に所属していたプロジェクトからの紹介などで仕事を獲得する形になりますが、実績を積んでいけば、自ずと声がかかるようになるでしょう。
自分の得意分野は何か、強みのある開発言語や開発環境は何か、そういったことを明確にしておけば、プロジェクト側から依頼が入るようになります。

しかし、それに甘んじているばかりではなく、新しい言語や最新の技術、有名な開発環境など、自分のスキルアップを図るべく、どんどん学習していく姿勢も大切です。
最新の技術の場合にはプロジェクト内で身に付くこともありますが、フリーランスはその立場から他のメンバーを技術的にリードしていくことが求められがちです。
たとえ最新技術であっても、事前にある程度は知っておくべきでしょう。